国際ウラン映画祭

International Uranium Film Festival

A FILM FESTIVAL ABOUT NUCLEAR POWER

2015年はカナダ ケベックとRio de Janeiroで開催されました。

2016年は5月20日~28日、Rio de Janeiro開催です。

International Uranium Film Festival 日本開催を!

http://www.uraniumfilmfestival.org/en/ 

2011年から開催されている国際ウラン映画祭は2015年で第5回目。現在2016年に向けて準備中です。この日本語ページも、International Uranium Film Festival からリンクを貼ってもらいました。できるだけエッセンスを日本語で発信します。(元のサイトは、フランス語、ポルトガル語、英語、ドイツ語)

 

映画祭へのエントリーについては、ここをご覧ください(ただし英語)。

  

日本に呼ぶための問題の1つは、日本語の字幕を作ること。映画製作者への敬意を払うために、きちんとした字幕を作ることが、日本での開催の条件の1つとなっています。

グループを作らなければ進みません。

協力してくださる方募集中!  iuff.japan@gmail.com

Twitterも作りました   https://twitter.com/IUFFj(まだ発信は少ないですが)

 

最新情報:

・4月27日にLos Angeles でも開催!

管直人元総理のブラジル向けビデオメッセージが公開されています→これがIUFFで映画として上映されます。

・トップページの写真を2016年用に更新しました

国際ウラン映画祭のページからこのページへのリンクを設定して頂きました!

 

過去情報:

・2015年9月24-30日にドイツベルリンで映画祭が開催されました。

・2015年10月はブラジル国内(サンタカタリーナ州)で開催。

・2015年の国際ウラン映画祭は4月15-25日、カナダケベック、リオデジャネイロでも7月16,17日(世界初の核実験、トリニティ実験70年の日)に開催されました(プログラム)。

・2015年3月、IUFF のMarcia さんが、

  「脱原発でつかながる日本と世界」@東京
  詳細:http://urx2.nu/heqJ
  日時:3月10日(火)19:00~/会場:日比谷コンベンションホール
  主催:ピースボート、FoE Japan

に招待され、講演されました。初来日。その後福島、仙台、女川を経て19日、帰国されました。

・12月16~18日、ヨルダンのアンマンにて、中東初のIUFFが開催されました。

 Heinrich Boll Stifung へのリンク(英語)/Goethe Institutへのリンク(ドイツ語)

ビデオメッセージへリンクを張りました

 ・2014年は、Ian Thomas Ash 監督が福島で撮影したドキュメンタリー映画A2-B-C が特別賞を受賞しました。

ブラジルに生きるヒバクシャ 

 完成試写会 2014/6/18,26

 2014/12/1  

・A2-B-C 上映終了(2014/6/13) (ポレポレ東中野)

ブラジルに生きるヒバクシャ 被爆者の声をうけつぐ映画祭 2014/7/5 

 

すこしづつ、日本語化する予定です。

 

問い合わせ:iuff.japan@gmail.com